東京脱出のための9ステップ

婿養子を承諾し結婚するため地方移住したのに婚約破棄になった【7年付き合った彼女と別れた辛い話】

婿養子を承諾し結婚するため地方移住したのに婚約破棄になった【7年付き合った彼女と別れた辛い話】婿養子とは

2019年12月某日。僕は今ブログを書いている。

半年前の僕は、今日という結婚予定日に誰もいない家でボーッとしている自分の姿を夢にも思わなかった。

今のこの状況について、相談できる相手なんて島根にはいない(いや、そもそも話したいものでもない)。

ボーッとしてたら色々な思いに押し潰されそうになったので、とりあえずパソコンを開いてみたというわけだ。

全然筆が進まないんだけどね。(最終的にこの記事書くのに1ヶ月以上かかって年明けた)

 

だから、いつもと違ったテイストで今のグチャグチャな気持ちを自由気ままに書いてみることにする。

7年付き合った彼女と婚約破棄で別れたという、悲しくて情けない男の話さ。。。

 

ブログ読者に謝罪したい「婚約破棄になってしまってごめんなさい」

まずは、軽く僕の身の上話をしよう。

僕は婿養子が結婚条件の彼女と結婚するために大阪から島根に地方移住したんだ。

地方移住を決断し仕事を辞めた時に、自身の体験談を残そうと思い、ブログとTwitterを始めてブロガーと活動し始めた。そう、今まさに君が読むこのブログだ。

慣れない田舎暮らしは大変なこともいっぱいあった。

でも、ずっと遠距離恋愛だった彼女と移住を機に同棲し、公私ともに充実してた。

朝は彼女の作る朝ごはんの匂いで起き、作ってくれた弁当を持って出勤。家に帰ると温かい夜ご飯を作って待っててくれて、TVを一緒に見てギャハハと笑って一緒の布団で眠りにつく。休日はドライブして、島根を観光して温泉を楽しんだ。

「新婚生活みたいだね」

そんな話をよくしていたっけな。幸せだった。

マジで結婚する5秒前───

 

だったんだけど、
7年付き合った彼女と別れちゃったよ

 

婿養子になるために移住→同棲→同棲解消→婚約破棄という最悪の形でね。

これまでブログの読者で応援してくださった方々には、申し訳ない気持ちでいっぱい…ごめんなさい。

ブログのプロフィールには、こんなことが書いている。

そして数年後、胸を張ってこう言いたい。
「色々大変なこともあったけど婿養子最高だぜ!島根最高だぜ!人生ワクワクして楽しいぜ!」と。

全然胸を張って、こんなこと言えなくなってるね( ;∀;)

 

婿養子として島根に移住した体験談をリアルタイムで綴るブログなのに、本当に情けない。

世間的に悪い印象の婿養子のことを明るく楽しく届ける予定だったんだけどね。

 

人生ってうまくいかないわ・・・

7年も付き合ったのに、こんな結末になるとは・・・

 

交際7年の彼女と地方移住&同棲〜婚約破棄までの時系列

僕の立場と婚約破棄に至るまでの時系列を改めて整理するね。

『婿養子の島根移住ブログ』というブログ名だから、僕をすでに結婚した婿養子と思ってる読者も多いと思う。

でも、実はそうじゃない。

正確には、地方移住して婿養子として結婚する準備中の状態

一緒に同棲はしてたけど、結婚はまだだったんだよね。

そこからどうなったのか。

2017年9月 結婚を前提に地方移住を決断
2017年12月 大阪で勤めていた会社を退職
2018年1月〜6月 移住準備&引っ越し(ニート期間)
2018年7月 島根に移住&同棲開始
2019年6月 プロポーズ
2019年7月 両親への挨拶、結婚式場見学
2019年8月 同棲解消
2019年10月 婚約破棄
2019年12月 クリボッチ←イマココ

「いや、もう何があったんだ?!」って感じだよね。(ツイート公開後、DMなども結構きた)

うん、ホンマに当事者の自分でもそう思う。

 

特に、6月プロポーズ→7月両親に挨拶→8月同棲解消が意味わからん・・・

 

プロポーズ→互いの両親に挨拶→結婚式場を見学…と、順調に結婚に向けて歩んでいた。

そこから、なぜ一気に最悪の状態まで落ちていったのか。

 

最初に言っておくと、確かにマリッジブルーも理由の一つ。

でも、婚約破棄に至ったのは『婿養子』と『地方移住』というキーワードが大きく関わってるからその一言だけでは片付けられないんだ。

 

次章から、婚約破棄になった経緯を書いていく。

色々な要素があるし感情のままにバァーっと書くと何万文字にもなるだろう。

でもそれはできないし、超プライベートな内容はそもそも書ききれない。

状況を理解した上で、読んでください。

 

7年付き合った彼女と別れた(婚約破棄になった)理由

大っぴらに書くことでもないので、婚約破棄の体験談は割愛することにしました。

死にたくなるぐらいつらいし後悔しかありません。

僕が元気を取り戻すのを温かく見守っていただけると幸いです。

 

【最後に】婚約破棄になってしまって励ましていただいた方へ

婚約破棄になったことを知って、自分の家族はもちろん様々な方にご心配をおかけしております。

そんな中、ご心配いただきメッセージをいただいた方やpolca支援をいただいた皆さま。

本当にありがとうございました。

ドン底レベルで沈んでしまってた僕にとって、自分のことを気にかけてくれる人がいたことに救われました。

いつか皆様が辛い状況になった時は、もらった恩以上の恩返しをさせていただきます。(支援者一覧

そして、前を向いて歩いていけるよう努力していきます。

はまちゃん
はまちゃん

ぜひ、会う機会があれば直接お礼を言わせてください。

 

この記事をここまで読んでいただいたあなたにも、心より感謝いたします。

僕と似た状況で婚約破棄になって辛い思いをしてるあなたへ。

「頑張って生きて行こうな。時間が解決してくれることを祈ろう・・・」

婿養子とは
地方に移住を考えたらまずは情報収集を!
僕が都会から島根に移住すると決めたとき、最初にしたのが情報収集でした。
『地方創生プロジェクト』に会員登録すると、移住相談や求人、起業セミナーなどの情報が届きます。
\登録は無料/

» 移住のお役立ち情報はこちら


\この記事をシェアする/

関連記事も読んでね



婿養子の島根移住ブログ

コメントをどうぞ

  1. Takky より:

    はまちゃん
    色々あられたようで…

    何と言葉を掛けたらいいのか
    分かりませんが
    ご傷心のことと思います。

    結婚は恋愛と違い
    2人だけの問題ではなく
    家と家の問題も絡んできますからね…
    (昔ほどではないとは思いますが。)

    ですが、個人的には
    結婚してから
    色々か問題やすれ違いが
    発生して苦しむよりは

    はまちゃん始め
    彼女やそれぞれの家族の
    素直な気持ちを
    話し合うことができたことは
    良いことだったのではないかと
    思います。

    僕も、昨年12月から
    前職を辞め、家族と離れて
    今は単身で新潟県魚沼市の
    地域おこし協力隊として
    活動しております。

    僕も僕で
    色々と悩みもありますが
    魚沼の大自然の中で
    癒されながら過ごしていますので

    もし機会があれば
    遊びに来て下さい。

    一緒に温泉巡りでもしながら
    色々語り合いましょう!

    • はまちゃん より:

      Takky様

      コメントありがとうございます。
      色々ありました・・・

      おっしゃるとおり、結婚前に腹を割って話す機会が取れたのはよかったと思っています。

      おぉ!魚沼市で地域おこし協力隊をされているのですね!
      今回このようにコメントいただけたことも何かの縁ですので、機会があればぜひ遊びに行かせていただきますね。
      温泉巡りいいですね〜^^
      いつかお会いできる日を楽しみにしております。

      ご丁寧にコメントありがとうございました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました