はまちゃんのプロフィールはこちら

村・留学しよ?海外留学よりも大学生にオススメしたい村・留学が丸わかり!

地方移住×田舎暮らし

こんにちは!島根移住までのカウントダウンが始まったはまちゃん(@wakuwakukeigo)です。

この記事を読むあなたは、留学に興味がある大学生でしょうか?
あなたは、もしかしてこんなことを感じていませんか?

  • 就活のネタに海外留学を考えている。
  • 実は田舎暮らしや地方に興味を持っているけど生活が不安。
  • 社会人になった先輩たちは辛そう。自分はあんな風になりたくないけど仕方がないと思っている。

そんなあなたにオススメしたいものがあります。
村・留学です。多分、あまり聞きなれないよね?

僕はこれまで社会人向けに、地域おこし協力隊緑のふるさと協力隊の記事を書いてきましたが、大学生にはぜひ村・留学をオススメしたい。

この記事では、そんな村・留学を丸わかりできるよう詳しく紹介していきます!

 

村留学とは何か?

村・留学は、持続可能なカタチで現在まで残ってきた地域の在り方をART OF LIVING(暮らしの芸術)として、その価値を見つめなおし、大学生を中心とする若者が体験と座学、仲間との共有を通じて学ぶデザインです。

引用 村・留学

 

村・留学を一言にいうと、全国各地の受講生(大学生中心)が村に短期留学し、地域から学び将来の地域創生のリーダーを育成するプロジェクトです。

この内容に関心があるなら、この先も読む価値があります。

 

▼スポンサーのリョータロー様です▼

リョータロー 地域おこし協力隊 スポンサーバナー

村・留学を海外留学よりもオススメする2つの理由

①新たな環境で自分を試すテストができるから

村・留学をオススメする1つ目の理由は、新たな環境で自分を試すテストができるからのです。

海外留学をしたいと考える理由は色々あります。

  1. 英語力上達。
  2. 海外の大学へ進学したい。
  3. 海外に住んでみたい。
  4. 留学後の就職活動・転職に活かしたい。
  5. 友達を増やしたい。
  6. 好きなことをじっくり探したい。 etc

ひっくるめると、新たな環境で自分を試してみたいとあなたも思っていませんか?

海外留学は、確かに様々な経験ができ成長することができます。
しかし、わざわざ海外に行かなくても、自分の視野を広げて環境を変えるだけでも、様々な発見があるはず。
海外ならではのことは難しいけどね。

海外留学だと、多くのお金がかかり、もし留学先が合わなくても長期間滞在することになります。
一方で、村・留学だと比較的負担が少なく、自分がその新たな環境に向いているか適性をテストすることができます。

実際に体験してみてよければ、今後長期間活動をするといったことに投資をしてみればいいんです。

いきなり大きな一歩(海外留学など)を踏み出すのではなく、小さな一歩を踏み出してテストしてからにしてはどうでしょうか。

 

②目標としたい生き方を実践するロールモデルに出会えるから

村・留学をオススメする2つ目の理由は、目標としたい生き方を実践するロールモデルに出会えるからです。

一般的に、留学を考える人は普通に就職して普通に働いて…という普通の生活とは違う生活をしたい願望を持っています。
あなたもそうなのでは?

海外の生活は、やはり海外ならではで、日本で同じ生活をしようとすると無理が出てしまうことも少なくありません。
しかし、村・留学で体験することができる暮らしは、ロールモデルの生活です。だって、日本で実際にそう生きてるんですから。

そして、村・留学では出会える方がすごいんです。
例えばプロブロガーのイケダハヤトさんのアシスタントをしていた矢野大地さん。

実は、僕も矢野さんのツイッターで村・留学について知りました。

avatar

はまちゃん

SNSってすごいですよね。新しい情報がどんどん集まってくる!

このような目標としたい方にたくさん出会うチャンスがあるので、村・留学はオススメです。

 

村・留学の詳細

誰が対象?

基本的には大学生向けのプロジェクトです。ただし、大学生でなくてもいけるかも。

留学日数は?

9日間です。朝・昼・夜の3つに分けて一日の活動をしていきます。

どんなことをする?

村・留学のプログラムではこんなことをします。

  • フィールドワーク
  • サステイナブル講義(体験・座学)
  • 一日を振り返るミーティング
  • 集団生活
  • 報告会 etc

村・留学がおもしろい理由の1つに、9日間全てのプログラムが決まっていない点が挙げられます。
留学生自ら地域資源を活かして、プログラムを作ります。

そんな積極的な姿勢が、将来の地域創生をするリーダー作りに繋がっていくのでしょうね。

プログラムの詳細は、村・留学のホームページをご覧ください。

費用は?

現在(2018年3月7日)行われている村・留学 本山 3期生では、54,000円のようです。
この料金に含まれるものは、プログラム費、教材費、滞在費(食費・宿泊費)、移動費。
集合場所までの交通費、解散場所からの交通費は含まれないそうです。

 

村・留学先はどこがあるのか

  • 京都 久多 夏
  • 岡山 吹屋 夏
  • 高知 本山 夏・冬

avatar

はまちゃん

どうやら季節によって、受け入れている地域が変わるようです。今後どんどん地域が増えていくかも!

 

村・留学に参加するには

  1. エントリーフォームから応募。
  2. 事務局からのメールで送られるエントリーシートに記入。
  3. 審査を行い合否が発表。
  4. その後参加費を振り込み、エントリー完了。
  5. 村・留学の事前研修に参加。
  6. 村・留学プログラム 当日

募集中のプログラムはこちらから確認ができるので、エントリーをご希望なら確認してみてくださいね。

 

まとめ

POINT

  • 村留学は大学生が村に短期留学し、地域から学び、将来の地域創生のリーダーを育成するプロジェクト。
  • 新たな環境で自分を試すテストができる。
  • 現実的に目標としたい生き方を実践している人に出会える。
  • 留学日数は9日間で、プログラムは自分たちでも考える。
  • 費用は5万円程度。(地域によって変更あり)

このようなプロジェクトで、地域に関心を持った若者が増えたり、地方創生を推進するリーダーが増えたら嬉しいですね。
今後も動向をチェックして、勝手に応援していきたいと思います。

実は、僕が移住する予定の島根にも、「しまね留学」や「島留学」といったというものがあるので、よければ確認してみてくださいね。

サイト しまね留学

 

サイト 知夫村 島留学

はまちゃんの一言

avatar

はまちゃん

村・留学大学生の時に知っておきたかったなぁ。地方に関心がある人フォローしてね。→ワクワク婿養子ブロガー はまちゃん(@wakuwakukeigo

んじゃ、今日はこれでおしまいっ!
ほな、バイバーイ!

 

\ あの有名なビジネス書も聴けまっせ /

2018年12月12日までに登録をすると最大3,000ポイント!
さらに、今なら30日間無料で体験できます。
おすすめは人生を変える スティーブ・ジョブズ スピーチ
ビジネス書は高いから無料で出勤途中に聴いちゃお♪
↓↓

\ 【期間限定】3ヶ月99円で音楽聴き放題も /

関連する記事



地方移住×田舎暮らし
地方に移住を考えたらまずは情報収集を!
僕が都会から島根に移住すると決めたとき、最初にしたのが情報収集でした。
『地方創生プロジェクト』に会員登録すると、移住相談や求人、起業セミナーなどの情報が届きます。
▼無料ですよ▼ 移住のお役立ち情報はこちら >
\面白かったらシェアお願いします!/
\はまちゃんをフォローしよう!/
この記事を書いた人

「婿養子が結婚条件」の彼女に5年かけて説得され、4年の人事コンサル人生に幕を下ろし大阪→島根へ。
地方移住をきっかけに、人口減少に耐える強い田舎作りの必要性を感じ、島根の魅力を発信するブロガーへ転身。
地方創生に取り組むオンラインサロン運営。詳細なプロフィールはこちら

\はまちゃんをフォローしよう!/
婿養子の島根移住ブログ
トップへ戻る