はまちゃんのプロフィールはこちら

泉佐野市に2019年5月まで寄付して大丈夫!Amazonギフト券が貰える駆け込みにオススメのふるさと納税先も紹介!

田舎暮らしの節約

地方移住部 すずきち バナー

2019年にふるさと納税してAmazonギフト券をもらいたい。
泉佐野市(さのちょく)ならもらえるらしいけど、いつまでなら寄付して大丈夫なのかな?

こういった疑問に答えます。

結論から言うと、2019年5月までに泉佐野市(さのちょく)に寄付するとAmazonギフト券がもらえます!

2019年5月現在、Amazonギフト券が一番もらえるのは泉佐野市。

駆け込み納税を増やそうと、すごいキャンペーンをやっていますよ。

やらなきゃ損レベル!

 

今後は地場産品のみで、還元率が30%を超える返礼品が出ることはないでしょう。

2019年5月は駆け込み納税のラストチャンス!

少しでもお得に過ごしたいなら、今すぐ泉佐野市に寄付しましょう。

はまちゃん
はまちゃん
泉佐野市以外のオススメふるさと納税先も載せているので、寄附先の参考にしてくださいね。

 

2019年5月までは寄付しても大丈夫!でも、6月以降は泉佐野市にふるさと納税しても「ただの寄付」になる…

2019年5月に入って、衝撃のニュースが飛び込んできました。

  • 静岡県小山町
  • 大阪府泉佐野市
  • 和歌山県高野町
  • 佐賀県みやき町

の過度な返礼品を行ってきた4市町村に対し、総務省は除外される方針とのこと。

はまちゃん
はまちゃん
つまり、ふるさと納税してもただの寄付になるんです・・・(´;д;`)ブワッ
記事執筆時点では、除外が確定したわけではなく、調整している状況です。
正式に上記4市町は除外になりました。

 

2019年5月以降はお得な寄付先は少なくなる

ご存知のとおり、地方自治体の過度な返礼品についてはずっと問題視されてきました。

 

ついに、総務省も我慢の限界になったということです。

2017年4月1日付の通知(総税市第28号)にて、総務省が自粛を求めている返礼品は以下のとおり。

自粛を求める返礼品要請内容
高価すぎるアイテム返礼品の価格は30%までに抑制
30%以下でも価格が高額のものは禁止
金銭類似性の高いもの商品券、プリペイドカード、電子マネー・ポイント・マイ
ル、通信料金等は禁止
資産性の高いもの電気・電子機器、家具、貴金属、宝飾品、時計、カメラ、ゴルフ用品、楽器、自転車等は禁止
同一自治体の住民への返戻同じ自治体に住む人は返礼品を対象外

 

2019年6月以降は、表にあるような返礼品は受け取れないでしょう。

さらに、転売対策として、家電製品や宝飾品、換金性の高い自転車・家具・楽器などもなくなる見込み。

ボーナスタイムは終わりです。

でも、2019年5月までの駆け込み寄付なら大丈夫!

はまちゃん
はまちゃん
Amazonギフト券を少しでもお得にもらいたいなら、泉佐野市(さのちょく)に寄付するのがオススメです。
寄付額が300億円に達した時点で即終了です。駆け込みましょう!




 

ふるさと納税に駆け込みできないかも?泉佐野市に寄付して大丈夫か先に確認しておこう

それでは早速泉佐野市に寄付しよう!……と言いたいところですが、ふるさと納税をする前に確認すべきことがあります。

それは『寄付可能額の上限確認』

 

そもそも、ふるさと納税とは自分の支払う税金の一部を先に好きな自治体に寄付する制度です。

つまり、収入によって寄付できる金額が変わってきますし、その上限もあるということ。

なので、ふるさと納税をする前に、自分がいくらまで寄付できるかは確認しておきましょうね。

自分がいくらふるさと納税できるかなんてわからない・・・
はまちゃん
はまちゃん
心配しなくても大丈夫。
簡単にシミュレーションできます。

「ふるなび」のふるさと納税の控除上限額の目安がわかりやすかったですよ。

 

ラストチャンス!Amazonギフト券がもらえる泉佐野市(さのちょく)のふるさと納税がおすすめ!

泉佐野市これでいいのかふるさと納税

泉佐野市は、寄付額300億円に達するまで、最大Amazonギフト券30%をプレゼントするキャンペーンを開催中です。

総務省が「返礼率を30%にしなさい」言ってる中、すごいですよね。笑

返礼品も含めると、返礼率は実質60%

期限は、5月31日23時59分まで。

ただし、年末のふるさと納税の時と同じように、期限間近はアクセスが集中して寄付できない可能性があります。

なので、出来るだけ早く申し込みをすることをオススメします。

すぐに駆け込みましょう!

 

泉佐野市(さのちょく)のコース・返礼品

現在、用意してるコースは全部で3つ。

さのちょく3コース

  1. 「地場産品問題」体感コース
    →返礼品(返礼率30%)+Amazonギフト券20%
  2. 「経費50%問題」体感コース
    →返礼品(返礼率20%)+Amazonギフト券30%
  3. 「ポータルサイト手数料問題」体感コース
    →返礼品(返礼率50%)+Amazonギフト券10%

 

どのプランもすご過ぎます! 太っ腹なキャンペーンですね。

返礼品の種類一例はこちら。

さのちょく肉

さのちょく果物

他にも海産物・日用品・お酒類など、充実したラインナップが揃っています。

Amazonギフト券を重視するなら、「経費50%問題」体感コースを選びましょう。

22,500円寄付したら、還元率30%で6,750円のAmazonギフト券がもらえる計算です。

普通においしいですよね。

一度どんな返礼品があるのか、ふるさと納税サイトを見てみるだけでもしてみましょう。

寄付額が300億円に達した時点で即終了となるのでお急ぎください!




 

泉佐野市以外の駆け込みにおすすめの寄付先は?5月までは大丈夫な静岡県小山町の商品券

ここまで、泉佐野市を中心にオススメの寄付先を紹介してきました。

せっかくなら、5月までにAmazonギフト券がもらえる他の寄付候補も知りたいですよね?

還元率の高くお得な返礼品を調査した結果、静岡県小山町がおすすめ。

 

ふるさと納税をすると、

の超お得な商品券・金券がもらえます。

 

まとめ:ふるさと納税は2019年5月中なら寄付して大丈夫!泉佐野市と静岡県小山町が駆け込みにオススメ

今回の記事では、泉佐野市にいつまで寄付して大丈夫か解説してきました。

総務省から目をつけられている自治体なので、寄付して大丈夫か不安な人も多いことでしょう。

安心してください。

2019年5月までに泉佐野市に寄付すると、問題なくAmazonギフト券がもらえます!

今以上にお得にふるさと納税できるのは5月以降はほぼ不可能。

なので、返礼品を見るだけでも見て寄付するかどうか検討してみることをオススメします。

はまちゃん
はまちゃん
5月までに駆け込みましょう!

Amazonギフト券重視なら泉佐野市に寄附がオススメ。




コメント

トップへ戻る